陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

森乃 めぐみ(byめぐみ)

熊森の広報活動を開始して10日ほど経ちました。
100冊はあっという間に無くなり、追加注文の箱がドンと届きました。
殆どの方達が興味深そうに手に取ってくださり、すぐに読んだ方は、「良い本ですね。」「大好きです。」などと、コメントとしてくださったのですが、一番嫌そうな反応をしたのが私の両親でした。
まあ、自分達の娘のやることだから無理も無いでしょうし、私の父親は、もと林野庁の前橋営林局員でしたので、なおさらムカついたのでしょう。私も、これから少しずつ、地元の森の実情など調べていって、きちんと話が出来るようにしていきたいと思っています。
私も夫も、とにかく、こうと思ったら突っ走るタイプなので、細かいことは殆どまだ考えていません。
ただ、この頃なんとなく「森」が気になり、世間でも取りざたされたり、森ギャルが現れたりと、そんな流れが来ていて、今がチャンス!みたいなかんじがあります。
もっと、もっと、みんなに森のことを考えてもらいたい・・・
そうだ!作陶名を変えよう!という訳で、浅見めぐみ改め、「森乃めぐみ(森のめぐみ)」を名乗ることに決めました。
熊森協会の代表の「森山まり子」さんという名前を見て、「かっこいいなあ・・・名前にその人の生き方が表れている。」と感激したからです。
個展の案内状などで、いつも何百枚も葉書を出したり、名前を宣伝したりしますが、私の作陶名は旧姓というだけで何のメッセージもありません。これって、すごくもったいないことかも。
親から貰った「めぐみ」という名前を生かすためにも、この方が素敵です。「森 めぐみ」「森野 めぐみ」など、迷いましたが、字面の美しさと、ストレートさで決めました。暫くは、移行期間になると思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
さて、我が家で生まれて埼玉に貰われていった子犬の「アズキ」。一才を過ぎて立派な成犬になりました。
夫のことを覚えているのでしょうね・・・近づくとどうしても顔を舐めたがってしまうので、無理やりカメラ目線に向けました!
c0178008_2164681.jpg
アウトドア好きのご家族の一員となって、山や川や、北海道までも一緒に旅行しているそうです。
この日は、北軽井沢旅行の帰り道。別のお客様も重なって、ゆっくりお話できなかったのがちょっと残念でしたが、お会いできて嬉しかったです。又遊びに来てくださいね!
[PR]
by sueki-k | 2010-02-08 21:29 | めぐみ