陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヨガをやっています

今年、3回目のブログとなります。頑張って、週一ブログを続けます。

昨年、1月から「高崎学びの森」という一種のカルチャーセンターをオープンし、そこで火曜日と水曜日に陶芸教室をやっています。
木曜日の午前10時から12時はヨガをやっているので私も生徒になり、もう1年になります。
c0178008_22384788.jpg

私は身体が弱かったので、20代の時に様々な健康法を勉強しました。その中にヨガがありました。私の京都時代の話です。
佐保田先生という、インド哲学者で、日本に最初にヨガを紹介した人に教わりました。確か「ヨガ入門」という本を書かれていると思います。ヨガの先生などは大体この「佐保田」という名前は知っています。今考えるとラッキーでしたね。

今習っているヨガの先生は長谷川久恵さんという女性で、なかなかのものです。レベルは高いです。
ただし、ヨガにもいろいろな流れがあり、ポーズを大事にする系統もありますが、長谷川さんのヨガは「ヨガ療法」という分野です。殆ど無理をせずに、悪いところを無理なく治したり、予防をしたりします。
「これは坐骨神経痛の予防になります。」とか「この呼吸は交感神経を高めます。」など予防を中心にポーズをとります。
もう一つの特徴は、呼吸を大事にすることです。これは最も大事なポイントかもしれません。

ヨガをやった日は熟睡できるし、体調もすこぶる良い。健康な私(もう40年医者に行っていない)が益々健康になりそうな今日この頃です。
[PR]
by sueki-k | 2015-01-24 22:56 | 健康

植民地化の続きの話

前回、「エネルギーの植民地化」という話をしましたが、これはエネルギーだけでなく、すべてにおいて言えます。
去年、高関町で新陶芸教室を始めて、外食をする機会が増えました。その時思ったのは、チェーン店などで食事をすると、その金は全部中央つまり東京へ流れるということです。これはコンビニ、イオンなども同じで、まるで吸金ポンプが全国に敷かれていて、地方の金は東京に吸い取られる仕組みになっているのです。
つまり、地方は東京の植民地と化しているのです。

昔はそうではありませんでしたね。私が小さい頃は、高崎銀座といってアーケード街に小売店がたくさんあり街が元気でした。つまり使ったお金が全部街で巡回していたのでした。

今、「地方創生」ということが叫ばれていますが、これはいかに地方が疲弊しているかの証です。いくら税金を注ぎ込んでも無駄です。社会の構造を変えなければ駄目です。が、貧困の政治には無理でしょうね。

どうしてこうなったかというと、1990年代に大型店舗を許可したからです。これはアメリカの真似ですね。大資本と小資本を戦わせようというわけです。こうして貧富の差が広がってゆきます。自由競争とか規制緩和というとカッコいいですが、ときには規制も必要だと思います。

きょうは写真がないので、後で載せますね。
[PR]
by sueki-k | 2015-01-17 20:27 | 佐藤けいのエッセイ

「エネルギーの植民地化」の話

ご無沙汰しております。
いや、ずいぶんのご無沙汰です。今年からちゃんと週一でブログをと決心しましたが、もう10日になってしまいました。心を入れ替えて、週一ブログを再開したいと思います。
さて、きょうはストーブの話です。
先日、薪ストーブを居間に入れました。仕事場は前から薪ストーブでしたが、居間に入れるのは初めてです。
c0178008_2255935.jpg

ごらんの通り、ホームセンターで一番安いやつです。これ、3700円でした。でもこの周りにレンガを積むと一味違います。まず保温力が違う。夜中もぽかぽか暖かい。かつ、遠赤外線効果でしょうか。暖かさが気持ちいい。燃やす材木はその辺の山の中から取ってくる。つまり、ただ。
こういうことを思いついたのには理由があります。
「エネルギーの植民地」という話です。
例えば我が家で石油で暖房したとします。このお金はすべて中央、つまり東京へ流れます。そしてさらに石油産出国(アラブなど)に流れます。そちらを仮にAとし、私をBとすると、BはAの植民地的な存在になります。これは不愉快ですね。実はこれは電気も同じです。電気を使うとそのお金はすべて東京に流れます。その先は石油産出国です。
もし、その代わりに薪を使ったとします。その人件費は地元に流れます。するとここは植民地ではなくなります。
なおかつ、薪は再生エネルギーです。不思議に思うかもしれませんが、基本的にCO2は排出しません。(これに関してはまた別の機会に書きます。)
というわけで、薪ストーブにしました。
この薪ストーブ、ガスレンジのすぐ横なので、最近は料理をすべてこの上でしています。ガス代も節約できます。良いとこずくめの薪ストーブです。
日本中にこれを広めたいですね。

次回は、その植民地化の話を突き詰めます。
[PR]
by sueki-k | 2015-01-10 22:06 | 佐藤けいのエッセイ