陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週はお休み

あまりの多忙のため、今週のブログは休みます。

来週から、焼物の道具について何回かに分けて書こうと思っています。
[PR]
by sueki-k | 2013-03-29 00:01 | その他

アートフェスタ

4月にアートフェスタを開催します。
c0178008_223911.jpg

これは、上野駅のすぐ近くのビルを全部借り切ってのフェスタです。
地下から7階、すべてギャラリーという、恐らく日本では例を見ないギャラリーです。
c0178008_2254186.jpg

4月4日~9日、場所はギャラリーせんびゃく堂(東京都台東区上野6-7-18電話03-3831-3516)です。
4月6日~8日に午後4時からイベントもします。(それぞれ、舞踊、ヴァイオリン、落語です。)
皆さん是非お越しください。
私と森めぐみは7階で個展をします。
[PR]
by sueki-k | 2013-03-18 22:11 | 展覧会

遊びについて

最近、お金にならない作品をよく造っています。オブジェとかフデリンドウのパラダイスとか。
これは人生の中の遊びです。でも、遊びというのはとても大切なものです。

私は小学生の時、勉強しないで遊んでばかりいました。お陰で成績は悪く、あまり良い思い出はありませんが(なにしろ運動も苦手でしたのでね)、今にして思うと、この遊んだことが財産になっている気がします。

昨年、上野駅のすぐ近くの「せんびゃく堂」というところで個展をしました。その時に「蓋物百態」という企画で、蓋物をたくさん並べました。
蓋物の蓋というのは、遊びがないといけません。あまりきっちりだと使いにくいのです。かと言って、遊びがあり過ぎて、ゆるゆるなのもいけない。ほどほどの遊びが必要なのです。その具合が難しい。
c0178008_1371368.jpg

車のハンドルもそうですね。あれも遊びがあります。遊びがないと運転していて疲れます。
これって人生に似てると思いませんか。
遊びのない人生は、なんかつまりません。が、遊びがあり過ぎてもマズイですね。その加減が難しい。

芸術というのは、世の中の遊び的な部分だと思います。芸術がなくなる社会は、つまらない社会だと思います。今、そんな世の中にありつつある、と考えるのは私だけでしょうか。
[PR]
by sueki-k | 2013-03-11 01:45 | 佐藤けいのエッセイ

東日本伝統工芸展に入選!

朗報です。
「東日本伝統工芸展」に入選しました。本日、通知がありました。
日本工芸会という組織があり、その主催で秋に「日本伝統工芸展」というのがあります。日本工芸会には各支部があります。近畿支部とか九州支部などです。関東から北海道までは「東日本支部」です。春に東日本支部の伝統工芸展があります。言ってみれば地方大会といった感じでしょうか。今回はそれに入選したわけです。因みに「人間国宝」というのは、この日本工芸会から全員出ています。

「東日本工芸展」は以下の日時、場所で行われます。
*4月17日(水)~22日(月)
 会場;日本橋三越7階ギャラリー
c0178008_23532357.jpg

時間のある人は行ってみてください。
入選作は「須恵丸皿」という私の作品の中では小ぶりの作品です。
というのも、今年から大きさがかなり制限されて、大作は出せなくなったからです。
仕方ないのでその辺の棚にあるのを出したら、入選しました。肩に力が入っていないほうが良いのでしょうか。

参考までに、秋の「日本伝等工芸展」に1回入選すると、日本工芸会の準会員、4回入選すると正会員になります。私は正会員です。

きょうは「遊び」について書こうと思っていましたが、来週に延期します。
[PR]
by sueki-k | 2013-03-04 23:38 | 佐藤けいのエッセイ