陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰です

もう3週間もブログを書いていませんね。
どうしても時間が取れないのです。

例えば、ここ10日間くらいの間に
灯油窯の制作、素焼き、釉掛け、本焼きがあります。
また、23日~24日、26日、28日夜~31日が東京です。
その合間をぬって、27日、28日は陶芸教室。27日は「小栗祭」があり出店するのでこれは女房が行きます。
29日から武蔵野市で個展が始まり、
31日から榛名山麓工芸展というグループ展が始まる。
きょうは一日釉掛けで、これから武蔵野市の荷作りをします。

という訳で、ブログは1週間後ですかね。
書きたいことはたくさんあるのです。
ムササビの写真を撮りました!
小鳥の巣にヒナが孵っています!
スズムシソウが咲きました!
などなど。

では又ーーー。
[PR]
by sueki-k | 2012-05-25 22:58 | その他

花の季節

花が咲き始めました。我が家はこれから花爛漫です。
まずは山桜。
c0178008_02048.jpg

いつもは4月29日には5分咲きくらいなのが、今年は昨日やっと咲きました。
これからが我が家の花見です。
c0178008_054462.jpg

これは、キフジ(またはキブシとも言います)。早春に咲く、藤の花に似た可愛い花です。
c0178008_08648.jpg

これはセゾエンゴサクという花の仲間で、これも早春に咲きます。詳しくは調べておきます。去年もここに咲いていたので、大事にしておきました。そしたら今年も咲いたというわけです。
c0178008_0104623.jpg

これはコスミレという種類のスミレです。スミレは種類がとても多いので種類の特定が難しいのですが、コスミレは簡単です。葉の裏が紫なのです。日本はスミレの種類が豊富なので「スミレの国」と呼ばれています。
c0178008_0205374.jpg

最後に、この白い花はキイチゴの花です。キイチゴはトゲがあるので歓迎ではありませんが、秋になると黄色い美味しい実をつけるので、許してあげますね。秋にはよろしくね。
[PR]
by sueki-k | 2012-05-04 00:17 | 山野草

春の芽出し

春の芽出しは最高です。
長い冬を耐えて、やっと活動が始まる。
c0178008_235887.jpg

この芽はホウチャクソウの芽です。
百合科の芽は力強くて特に好きです。
c0178008_2375568.jpg

この芽は山百合です。
まるで雫のようです。
大地から天に向かって落ちる雫。
c0178008_2394893.jpg

これはレンゲショウマの若菜です。
c0178008_23105968.jpg

そしてこれは私の最も好きな山菜、「シドケ」です。
これら、若菜や木々の新緑を見ていると、まるで噴水ですね。
大地から天に噴出す、緑の噴水!
春は感動の季節です。
[PR]
by sueki-k | 2012-05-02 23:15

あ、カモシカが!

昼間、お客さんとデッキで話をしていたら、外スタッフのT君が慌てて跳んできました。「先生、カモシカが弟子小屋の前にいたので、恐いから逃げてきました。」早速みんなで見に行きました。
いるいる、小屋の前に悠然と立っているではないですか。
c0178008_12264277.jpg

まるで、森の寿老人のような風格で、じっと物思いにふけっているようでした。私はすぐにカメラを取りに行きました。帰ってきても同じところにじっとしていました。やがて踵を返すとあちらに向かって歩きだしました。
c0178008_12423540.jpg

カモシカはこの辺ではよく見かけます。人間が保護しているのを知っているのか、目があっても逃げようとしません。
このカモシカはお客さんの話では雄だそうです。角が生えていました。
さすが山の中ですね。
因みにカモシカは鹿の仲間ではなく、牛の仲間です。歩き方も軽快でなく、のそのそと歩きます。
我々はまだ野生動物が生きている時代に生きているわけですが、100年後はどうなんでしょうね。
[PR]
by sueki-k | 2012-05-01 23:19 | 動物