陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あっ、蛇がガマを!(byけい)

ご無沙汰しています。
パソコンの調子が悪く、投稿できない状況でした。ある時ネットに繋がらなくなり、私はこういう世界に詳しくないので、困りました。いろいろ試して駄目だったので、電話の会社に電話して原因がわかりました。何のことは無い、電話線が差し込んであるところがゆるんでいたのです。1回はずして入れ直したら繋がりました。皆さん、なにかあったらとにかく差込みを挿し直して見ましょう。

先日、うちの弟子が血相を変えてとんできました。「先生、変な動物がいます。蛇のように身体が長く、でも足が4本あるのです!」早速とんで行きました。つちの子か!見たら蛇がガマを飲み込んでいるところでした。自分の顔の数倍もあるガマを飲み込むところで、左足がすっぽり飲み込まれていました。でもガマは呼吸しています。
c0178008_216812.jpg

ガマはピョンピョン跳べるのだから簡単に逃げられて筈なのに捕まる、これはなにか蛇が催眠術のようなものをかけるのでしょうか。よく「蛇に睨まれた蛙」というように言いますが、本当にそういうことがあるのですね。

自然界はいろいろなことがあります。今年も木に掛けた巣箱に2種類の鳥が雛をかえしました。一つはヤマガラで、8羽の雛がかえり無事巣立ちました。もう一つは種類がわかりませんが4羽かえり、でもある時消えていたから多分蛇にやられたのでしょう。
ガマの場合でも、助けてやるのは簡単ですが私は放っておきます。それが自然だからです。鳥も雛を全部助けると鳥が増えすぎ、蛇が少なくなるでしょう。だから放っておくのがいいと考えています。
でもヤマガラは頭がいいです。軒下の巣箱に雛をかえし、無事育ちあげました。つまり軒下は蛇が来ないことを知っているのですね。

我が家は子猫が順調に育っています。
近いうちにめぐみが報告すると思います。超かわいいですよ。
[PR]
by sueki-k | 2010-06-19 21:27 | 動物