陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

窯出しとコンサート(byけい)

先日(25日)窯出しがありました。
約70人の出席があり、とても賑やかでした。
29日はコンサートがあり、これも70人くらいの人が来られました。
また、26日は今度我が家の前にできる「お蚕ステーション」に桑植えをしました。(これに関しては後日詳しく書きます。
昨晩は、「絹の里」の近くで宴会があり、コンサート終了後行って、久しぶりにカラオケを歌ってきました。
いやはや、忙しい毎日です。
c0178008_412073.jpg

窯出しは陶芸家によっては人を呼びません。半月ほど前に笠間から二人の陶芸家が我が家に来ました。そして彼らは窯出しに人を呼ばないと言っていました。というのも、窯には失敗がつきものだからそれを見られたくないからだと言っていました。
私も失敗は多々ありますが、それも含めて全部見ていただくのが窯出しと思っているので、恥を忍んで人を呼んでいます。
[PR]
by sueki-k | 2010-04-30 23:07 | 窯焚き&窯の話

窯出し展とコンサートのお知らせ(byけい)

お知らせです。
来る4月30日から5月5日まで「窯出し展」をします。
先日(17日)焚き終わった窯の作品を、「窯出し展」という形で見て頂きます。
そのオープニングで、コンサートを行います。
4月29日(木)午後2時~3時半くらいまで。
カペラッテという所沢在住の女性3人組のコーラスです。アカペラなので《カペラッテ》というわけです。
主にクラッシックですが、日本の歌なども演奏します。
c0178008_23594027.jpg

天気が良ければ野外コンサートにします。我が家は斜面にデッキがあってそこで歌ってもらうわけですが、沢の音や小鳥の声や風音がして、サントリーホールにも負けない自然の音楽堂と自負しています。
但しカペラッテはプロですので(CDも出しています)入場料は要ります。
入場料は5000円で、記念品として窯出ししたジャズタンブラー(足付きタンブラー、5250円)をプレゼントします。つまり、この企画はあくまで「窯出し展」のオープニングなのでジャズタンブラーを買って頂いて、コンサートはただ、という趣旨です。前売り券は4000円で、本当は締め切りが22日までですが、26日まで延期します。4000円で5250円のジャズタンブラーが手に入り、コンサートが聴けて、コーヒーやビールなども飲めてしまうという、超お得な企画です。是非お越しください。(℡027-378-4108)
又、「窯出し展」は、窯出しした作品をそのまま見ていただくという趣向です。窯出ししたものは灰が被ったり、割れたり、他のものとくっついたりで、とてもドラマチックです。普通の個展ではそれをサンドペーパーで磨いてきれいに洗い、お化粧して出品するのですが、今回の「窯出し展」では、窯出ししたそのままを見ていただくというとてもユニークな個展です。こういう個展は恐らく世界中探してもないでしょう。
「窯出し展」は入場無料ですし、コーヒーやお茶くらいは出します。
大自然のなかで、お茶を飲みながら、窯出しした作品をお楽しみください。
[PR]
by sueki-k | 2010-04-22 00:22 | その他

口くべ(byめぐみ)

今日は窯焚き4日目です。
c0178008_18521041.jpg
こんな風に、窯の焚き口に薪を詰めて、薪を暖めながらくべていく方法を 「口(くち)くべ」 と言います。
窯の温度はビックリするほど順調に上がり、「ネラシ」状態です。理想温度を保っている状態です。
外は雪です。窯の温度は、寒い時の方が上がりやすいので、窯焚きにとってはあり難い寒さです。この時期の窯焚きは、いつもなら汗びっしょりです。
こんな時期に これ程冷え込むのは異常気象です。ラジオではどこかで大噴火が起こったと言っていました。人類は滅びに向かっているのでしょうか・・・?
佐藤は、只今 弟子を指導中。
私は明日に備えて そろそろ寝る時間です。
今日は、開放日の会員さんと、母が手伝いに来てくださり、賑やかに 楽しい窯焚きでした。
本当に、皆様、ありがとうございます。
おかげさまで、今日も幸せ一杯抱えて ‘オヤスミナサイ‘ です。
[PR]
by sueki-k | 2010-04-16 19:23 | 窯焚き&窯の話

さよなら、コッちゃん(byめぐみ)

昨晩、鶏のコッちゃんが死にました。
くしゃみが止まらない、とブログに書いた晩、夫が、「コッちゃんが死ぬぞ」と言ってきました。
驚いて見に行くと、ゲホー、ゲホーと、ものすごい息づかいです。喘息みたいな感じです。気温はマイナス1℃。寒さがこたえているのでしょう。シートで小屋を覆って、石を入れた土鍋をストーブで熱くして小屋に入れてやると、だいぶ落ち着いてきました。冬の初めに体調を崩したときも、これで元気になったのです。
翌日は良いお天気。卵も産んでいます。午後から散歩させると、いつもと変わらず、楽しそうに庭のあちこちをほじくっていました。羽もトサカも立派で艶つや、とても病気には見えません。まだ咳はしているけど、もう少しの辛抱と思っていました。本当に調子が悪ければ、じっとうずくまって、えさを食べなくなると思っていました。
昨日は雨。それでも外へ出たがるので、気晴らしにと、出してやりました。みんなでお昼ご飯を食べていると、戸のすぐ前でゼーゼーいっているのが聞こえます。ヒトの側にいたいのです。いつもなら、コラーっと追い払うのですが、静かに小屋に返してやりました。午後には色の薄い卵を産んでいました。
珍しく暖かい夜。今晩は心配ないな、と思って、様子を伺いに行くと、ゼーゼー言う声が聞こえません。やったー!静かに眠っている。これで、すっかり良くなるさ・・・とせっせと土鍋を熱して持っていくと、コッちゃんは小屋の真ん中で倒れていました。夕方には、ご飯をたべて、ちゃんと寝床に行ってたはずなのに、その後発作でも起こしたのでしょうか・・・目を閉じてきれいに死んでいました。抱き上げると、まだ温もりが残っています。
今朝、夫に掘ってもらった穴に安置したコッちゃんの姿です。
c0178008_20343296.jpg
羽毛が青く光ってとても美しかったので、写真にとっておきました。
そして今日、私達が待ちに待っていた嬉しい知らせが舞い込みました。ここではお話できませんが、夕べの出来事だったそうです。
[PR]
by sueki-k | 2010-04-06 20:54 | 動物

のり、おめでたです!(byめぐみ)

子猫だったのりも、とうとうお母さんになる日が来るようです。
c0178008_1734054.jpg
3月の初め頃、発情の真っ盛りに、雄猫が来ていました。
今まで4回ほど発情しましたが、山の一軒家なので、猫が寄ってくることはありませんでした。
フクちゃん(犬)に追い払ってもらいましたが、効果が無かったようですね。恐らくあのときの猫がお父さんでしょう。グレーの長毛で、飼い猫風でした。どんな赤ん坊が生まれてくるやら・・・・一度は子育てをさせよう、と決めていたので楽しみです。
さて、子猫に興味のある方、ご連絡ください。
里親さん大募集中です。
それにしても、今年はなかなか春がやってきません。今朝も薄氷が張っていました。
鶏のコッちゃんは 風邪をひいたのか、一昨日からくしゃみを連発しています。めずらしいし、かわいいので、最初は面白がっていましたが、こう続くとちょっと心配です。
毛並みはつやつや、トサカは真っ赤、卵もちゃんと産んでいるのですが・・・
ひょっとして花粉症?
[PR]
by sueki-k | 2010-04-03 17:47 | 動物