陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山野草( 49 )

ミヤマエンレイソウを発見!

うちの敷地内にミヤマエンレイソウうを発見しました。
以前、大きなオブジェを置きましたが、その2mくらい横のところでした。
今の敷地内では初めての発見です。
c0178008_2150375.jpg

ここに住んで10年以上になるのに、今まで気づかなかったとは。
不思議です。
この花は以前住んでいたところの周りにたくさん咲いていました。ですからよく知っていた花でしたので、今までとうして気づかなかったのでしょうか。それとも今年突然出てきた?

この花、大きな3つの葉っぱの上に、小さい白い花が咲きます。
いかにも山野草らしく、私の好きな花のひとつです。
これ、種が出来たら、実生で増やしたいですね。
楽しみです。
[PR]
by sueki-k | 2014-05-05 23:47 | 山野草

種まきをしました。

夕べ、夜中の2時まで仕事をしていて、種まきをしていないことに気がつきました。去年の秋に採種したものです。1時間あればなんとか出来るだろう。つまり予算は1時間。(こういうケースでは私はこう表現します。)予算内でなんとかしよう。で、まき終わったのは2時55分。なんとか3時には寝られました。

まいた種は、レンゲショウマ、オオバギボウシ、ヤマシャクヤク、オダマキ、スミレ、ユウスゲの6種類。貴重な種ばかりです。
c0178008_23233251.jpg

私は2000年に山野草にはまってから数年の間に100冊くらいの本を買いました。(これは雑誌や古本を含めます。)こうなると私は本屋に行くと山野草コーナーに行きますし、トイレでも風呂でも山野草漬けになります。これは私の性格ですね。先月書いたこのブログ(「私はカラカサ人間」)に詳しく載っています。
ですから私の頭には山野草のことがたくさん入っています。きょうは土のことをお話しますね。

鉢植えの土は何でも良いわけではありません。「水はけが良くて、水持ちが良い」のが良いとされています。一見矛盾するようですが、これを両方持ち合わせている土があるのですね。例えば、砂は水はけは良いが水持ちは悪い。粘土は水持ちは良いが水はけが悪い。この両方を持っているのが赤玉土とか鹿沼土です。これらを図式するとこうです。
c0178008_23234942.jpg

粒子の一つひとつに穴が空いていて、そこに水が溜まるのだそうです。

土の配合は人それぞれで、そこに個性が出ます。私の場合は赤玉土、鹿沼土、腐葉土、黒土を等分に入れています。これには理由がありますが、長くなるので省略します。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-06 23:31 | 山野草

ヒツジ草の種まきをしました。

ヒツジ草という花をご存知でしょうか。
私は今、たくさんの山野草を栽培していますが、そのうちのひとつで、大好きな花です。
こんな花です。
c0178008_2132342.jpg

詳しくは2011年11月17日のこのブログをご覧ください。

この花の種まきをしました。
去年、採種してバケツに入れ、暖房のない部屋に置いておきました。
そろそろ暖かくなってきたので、播きました。
発芽率は良いので楽しみです。
c0178008_2135539.jpg

我が家はこんな鉢がたくさんあるので楽です。
土も楽です。普通の山野草は土に気を使います。水はけとか、水持ちとか肥料とか・・・
でもこれは水を入れるので、栄養があれば何でも良い。林の中の黒土を取ってきて鉢に入れて播くだけです。
さて今年はどの位発芽するでしょうか。

更に、ホット植えのギョウジャニンニクの芽が出ていました。地植えのはまだ出ていないのに、棚の上のは出ていました。棚の上の方が暖かいのでしょうか。
c0178008_21443085.jpg

[PR]
by sueki-k | 2014-03-25 21:42 | 山野草

今、工房の回りは

今春、庭に池を作りました。
考えてみると、私の父も私が小学校低学年の時に池を作ったのを覚えています。ということは遺伝ですかね。但し、父の池は、岩で山を作って、そこに噴水を設けた本格的なものです。私の場合は簡単なやり方で、穴を掘り、そこにビニールシートを敷いて、埋めただけのものです。
この池はヒツジグサのための池です。
今それが満開です。
c0178008_030068.jpg

これが池で、畳一畳くらいの大きさです。そこに今ヒツジ草が咲いているのです。
c0178008_031207.jpg

ヒツジ草は日本原産の睡蓮で、ヒツジの刻(午後2時頃)に咲くのでこの名前があります。とても可愛い花で、私の好きな花の一つです。
その他、今いろいろ咲いています。
c0178008_0335295.jpg

このレンゲショウマはうちの定番で、あちこちで満開ですね。
c0178008_0343838.jpg

これはツリフネソウ。珍しくはないが綺麗な花です。
c0178008_0355399.jpg

これはホトトギスです。
c0178008_0363782.jpg

でもなんといっても、平凡ですが、野菊がいいですね。
c0178008_0385075.jpg

野菊は強固な意志のようなものを感じます。
[PR]
by sueki-k | 2013-09-04 00:39 | 山野草

山野草100円ショップ

今、高崎駅東口の山田電器(LABI)で「佐藤火圭・森乃めぐみ二人展」をやっています。
(8月5日~18日まで)
5日が搬入で、6日、7日と私(火圭)が在廊してきました。そういう訳でブログが書けませんでしたので、本日書いています。(在廊は今後、めぐみが8,9,10日、火圭が11日です。)

今年春から、我が家では山野草の100円ショップを始めました。
13年前から私は山野草にはまっています。コンセプトは「園芸種でなく、自然で日本のもの、且つ増殖は種で」です。レンゲショウマはこの辺に自生していて、種でどんどん増えます。リンドウも近くに咲いているのから種を採集して蒔くと、これもたくさん増えます。その他、ヒツジ草、コバギボウシ、山百合、オダマキ、シキンカラマツ、ホタルブクロ、オカトラノオなどが増えています。これをポット植えにして、100円で売ろうというものです。
c0178008_230414.jpg

但し、これは商売にはならないので、無人販売としています。セルフサービスで、自分で選び、ビニールに入れ、100円を箱に入れるという形式です。
c0178008_231220.jpg

上記の他に、サンショウ、モミジがあります。この二つは我が家の森の中から救出したものです。モミジの下にはたくさんの小さな苗が生えていて、これらは自然淘汰されます。それを掘ってくるのです。これは「救出」と呼んでいます。
c0178008_2313240.jpg

100円ショップはいずれ100種類にして、「100草苑100円ショップ」とするつもりです。
[PR]
by sueki-k | 2013-08-08 00:25 | 山野草

フデリンドウのパラダイス

月曜日に投稿のわけがもう金曜日になってしましました。今は忙しいわけではありませんが、頭が制作モードになっているのです。なにしろ、真冬は誰も来ませんし、仕事に集中です。
でも寒いですね。今朝の最低気温はマイナス11度でした。去年の最低気温がマイナス13度だったので、まだ余裕があります。

先日「フデリンドウのパラダイス」というのを作りました。
フデリンドウというのは、春に咲く小さな、10cmくらいのリンドウです。我が家の敷地内に30株くらい自生しています。これ可愛いので増やしたいのですが、これがなかなか難しい。種ができるので増やせそうですが、成功していません。そこで考えたのが「フデリンドウのパラダイス」です。要は囲ってやって丁寧に面倒を見れば増えるのではないか、と。
c0178008_13222644.jpg

これです。
最近こういうお金にならないことばかりやっています。
次回は今制作している「オブジェⅦ」をご覧いただきます。
これもお金にならない仕事(遊び?)ですね。
[PR]
by sueki-k | 2013-02-22 13:35 | 山野草

第一回「森の会」へのお誘い

先週に書いたように、今、我が家の森を整備しています。

で、今度の土曜日(12月8日)我が家で「森の会」というのをやろうと思っています。これは正式には「森を整備する会」で、略して「森の会」です。
12時集合で、昼飯を食べ、午後に森の整備を手伝っていただきます。これはボランティアです。
ついでと言ってはなんですが、私のオブジェⅠ&Ⅱ&Ⅲを森の中に設置します。設置式は3時から。
その後4時半くらいから温泉に行って(この時間にはもう薄暗い)、5時半から我が家の丸い囲炉裏で大忘年会をします。
参加費は無料(働いてもらいますので)、誰でも参加できます。
但し食事準備の都合がありますので、6日までに申し込んでください。
電話は、027-378-4108です。
オブジェは以前ブログに載せましたが、もう一度再掲します。
c0178008_2331735.jpg

これがオブジェⅠです。これは森の中に置きます。
c0178008_2335876.jpg

これがオブジェⅡです。これは池のほとりに置きます。
c0178008_2352679.jpg

これがオブジェⅢです。これは大岩の前に設置します。

皆さん、是非ご参加ください。
飲む人は、泊まるところがありますよ。
[PR]
by sueki-k | 2012-12-03 00:00 | 山野草

山野草園

21日に東京から戻って、やっと一息つきました。
今、我が家の回りは晩秋真っ盛りです。というより初冬に近いでしょうか。今朝はしっかりと氷が張っていました。でも最後のモミジが美しく紅葉しています。
c0178008_1832164.jpg

これから長い冬が訪れます。

ところで、今年は山野草の種をたくさん採りました。それには訳があります。
一つは、種から山野草をたくさん増やして、来年格安で売るためです。山野草の100円ショップというのはどうでしょうか。オリジナルの植木鉢というのも面白そうです。

もう一つは、我が家の敷地(約1700坪)を、これから散策できる山野草園にしようと思っているからです。我が家の森は雑木林で、約250本の雑木が生えています。これを毎年10本くらい伐って、10年くらいかけて150本くらいにします。そうすると今は暗い森が明るくなって、山野草が生き易くなると思います。
また、沢には大きな岩がゴロゴロしているので、潅木を整理すると、ここも素敵な散策道になると思うのです。
来年から少しずつ公開して、10年後にはカッコイイ森にします。
さて、この森をなんと名づけましょうか。
[PR]
by sueki-k | 2012-11-26 00:00 | 山野草

キンエノコロ

ネコジャラシという草があります。これはエノコロ草というのが本当の名前です。とてもポプラーな草ですが、うまく使うと風情があります。
私は27歳の時に京都の河井武一という先生に弟子入りしました。
ある時、客間にこのエノコロ草がかっこよく活けてあったのを覚えています。
この仲間でキンエノコロというのがあります。
これがそうです。
c0178008_2311150.jpg

これ、鉢植えにするととても可愛いので、今年は種を採って、私の小さな植木鉢に種播きしようと思っています。
それにしても、ここは去年埋め立てした我が家の駐車場なのですが、ご覧のようにキンエノコロが群生しています。この種どこから来たのでしょうか。不思議です。
植物の世界は、我々動物には考えられないことが存在するのでしょうか。
[PR]
by sueki-k | 2012-09-26 00:00 | 山野草

コブナ草

今、我が家では300鉢くらいの山野草がありますが、その中で地味だけど私の好きな野草があります。コブナ草といいます。稲科だから花は花らしくありません。今、花が満開?
c0178008_21562647.jpg

ちょうどススキを小さくした感じで、寄せ植えの脇役に良いと思っています。
これは、失敗したコーヒーカップに去年種を蒔き、育てたものです。
コブナ草の名前は、葉っぱが鮒の形に似ているからだそうです。

これ、実は染色の材料です。黄八丈というのがあって、これで染めるのだそうです。たくさん増やして一度染めて見たいですね。

吾亦紅も今、咲いています。
c0178008_2252131.jpg

これも花らしくありませんが、いいですね。この辺に自生しています。
[PR]
by sueki-k | 2012-09-18 00:00 | 山野草