陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:健康( 45 )

ヨガをやっています

今年、3回目のブログとなります。頑張って、週一ブログを続けます。

昨年、1月から「高崎学びの森」という一種のカルチャーセンターをオープンし、そこで火曜日と水曜日に陶芸教室をやっています。
木曜日の午前10時から12時はヨガをやっているので私も生徒になり、もう1年になります。
c0178008_22384788.jpg

私は身体が弱かったので、20代の時に様々な健康法を勉強しました。その中にヨガがありました。私の京都時代の話です。
佐保田先生という、インド哲学者で、日本に最初にヨガを紹介した人に教わりました。確か「ヨガ入門」という本を書かれていると思います。ヨガの先生などは大体この「佐保田」という名前は知っています。今考えるとラッキーでしたね。

今習っているヨガの先生は長谷川久恵さんという女性で、なかなかのものです。レベルは高いです。
ただし、ヨガにもいろいろな流れがあり、ポーズを大事にする系統もありますが、長谷川さんのヨガは「ヨガ療法」という分野です。殆ど無理をせずに、悪いところを無理なく治したり、予防をしたりします。
「これは坐骨神経痛の予防になります。」とか「この呼吸は交感神経を高めます。」など予防を中心にポーズをとります。
もう一つの特徴は、呼吸を大事にすることです。これは最も大事なポイントかもしれません。

ヨガをやった日は熟睡できるし、体調もすこぶる良い。健康な私(もう40年医者に行っていない)が益々健康になりそうな今日この頃です。
[PR]
by sueki-k | 2015-01-24 22:56 | 健康

ヨガの話

きのう、ヨガを始めたと書きました。
ついでだから、その話をしましょう。
ヨガは、実は私は20代の時にやっているのです。いつも話しますように、私は身体が弱かったので、20代の時にあらゆる健康法を試しました。その結果私は健康になり、もう40年医者に行っていません。健康診断も受けていません。そのあらゆる健康法の中にヨガがありました。

京都にいた時に、私のフランス語の恩師である阿部哲三先生に誘われてヨガの講習会に通いました。ヨガの先生は佐保田先生と言ってヨガを日本に紹介した先駆けの先生でした。「ヨガ入門」という有名な本を書いています。

今、高碕の「学びの森」で、毎週木曜日の午前10時から長谷川久恵という美人講師がヨガ教室を開いています。私はそこに参加し始めました。40年ぶりですね。

ヨガといってもいろいろあります。
この先生のヨガがどちらかというとヨガ療法的で、呼吸法を重視しています。ヨガというとアクロバット的なイメージがありますが、違います。あまり無理をせず、ゆっくりとストレッチのような感じでやります。
このヨガをやると、夜よく眠れます。
これで私はますます健康になりそうです。

c0178008_23324098.jpg

カタクリがやっと咲きました。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-11 23:35 | 健康

ギックリ腰

最近いろいろな人からギックリ腰になったという話を聞きます。
私は今まで一回もやっていません。これは勿論素質ということもありましょうが、環境もあるかもしれません。

今の日本は大半が椅子の生活のなっています。これはちょっと移動するのに楽でいい。しかし楽ということはその分身体が衰えるということです。
我が家は座卓です。つまり食事はアグラをかいてとります。ちょっと何かをとる時とか電話とか、立たなければなりません。ある時一日に何回くらい座ったり立ったりするのか、数えたことがあります。すると30回以上は立っていますね。これ365日なのです。相当な腰の運動をやっていることになります。

今、「高崎学びの森」で陶芸教室をしていて、そこに一泊します。そこのトイレは和式なのです。これ相当腰を使います。これも今はほとんどが洋式になっていますね。我が家は残念ながら洋式です。和式にしたいのですが、うちは客商売ですからね、仕方ないです。

相撲の話ですが、鶴竜の横綱昇進が決まりました。これで横綱3人がモンゴル勢ということになりました。日本人のふがいなさの原因は、例えばハングリー精神が足りないとかいろいろあるでしょうが、多分上記の洋風生活が大きな原因のひとつでしょう。なにしろ相撲は「腰」ですからね。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-30 18:31 | 健康

珪肺の話

久しぶりに健康の話です。

私は小さい頃から虚弱児で、よく学校を休んでいました。それは20代まで続きました。でもその頃勉強をして健康になりました。もう40年近く医者に行っていませんし、健康診断も受けていません。(但し歯医者には行っています。)そのあたりはこのブログに詳しく書いています。カテゴリーの「健康」をクリックしてください。

健康になった理由は様々ありますが、ひとつには仕事があげられると思います。焼き物という仕事は、肉体と精神のバランスがいい。適度の肉体労働と精神活動があります。土練りは汗をかくほど肉体を使いますし、また頭の中はなにを作ろうかいつも考えています。右脳を相当使っていると思います。

しかし、欠点がないわけではありません。それは「珪肺」です。土埃がかなり多い。仕事部屋の中に置いてあるものはすぐに埃がたまります。ですから、出来るだけ水を撒くことにしています。
c0178008_2153344.jpg

こういうことがありました。私が京都に弟子入りしているときに、保健所の職員がやってきました。朝なにかの機械を置いてゆき、夕方取りに来ました。埃を調べる検査だったようです。先生の仕事場は合格でしたが、特に磁器の仕事場はひどいようです。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-23 22:02 | 健康

病気の考え方

1週間前に、63年ぶりに病気らしい病気になり、でも医者に行かず、薬も飲まずに治しました。どうやって治したかというと・・・
兎に角、ひたすら寝る。
酒を断つ。(5日間断酒しました)
断食をする。(1日目お粥、2日目水だけ、3日目お粥)
良さそうなツボを丁寧に指圧。
その他、良さそうな運動、ヨガ。&仕事をする。

大体これで治りました。

以前にもお話しましたが、再度載せます。
病気というのは図のようなものだと思っています。
c0178008_1928114.jpg

人間にはそれぞれ弱いところがあって、でも普段は病気というところまで行かない。が体調が悪くなると、病気の水位が上がり、発症する。(「病気の水位が上がる」と「健康レベルが下がる」は同義である)
さて病気になった時どうするか。簡単なのは穴を塞ぐことである。これが、医者に行って、注射をして貰ったり、薬を飲んだりすることである。すると症状は取りあえず改善する。
治し方はもう一つある。それは、病気の水位を下げることだ。(最近のはやりで言うと「免疫力を上げる」)
前者を対症療法するならば、後者は根本治療と言える。
私のやり方は後者である。
3日間断食をし、5日間お酒を断ったので、病気の前より調子がいい感じだ。その理由は、病気の水位が下がった(=健康レベルが上がった)からだと思う。
皆がこのやり方をやったら、医者は失業でしょうね。
[PR]
by sueki-k | 2012-07-02 19:42 | 健康

元気になりました

連続ブログが8日目になりました。

1週間前はひどかったですね。考えてみたら、あれ、63年ぶりの病気でした。というのも私はゼロ歳の時に百日咳に罹り、死線を彷徨いました。そこで生き残り、それ以来病弱でしたが、病気らしい病気はしていません。仮に、風邪や虫歯は病気に数えないとすると、この間の「(多分)膀胱炎」は63年ぶりの病気ということになります。でも今はすっかり元気になりました。というより、病気をする前よりも元気になった感じです。何故なら、病気を治すために、断食をし、お酒を断ち(5日間)、ツボを押し、身体のケアーをし、睡眠をたっぷりとったからです。
医者に行かず、薬も飲まず、何故治ったのか、明日詳しく書きますね。
c0178008_23324626.jpg

これ今我が家で咲いているオダマキです。楚々として美しいです。
c0178008_23335432.jpg

これアカショウマと言って、茎が赤みかかっているのでこういう呼び名です。これの兄弟に「トリアシショウマ」というのがあります。
c0178008_2336386.jpg

あ、これなんでしょうか。蝶の幼虫?こういうのはたくさんいます。
[PR]
by sueki-k | 2012-07-01 23:38 | 健康

トイレが近い

連続ブログ2日目。昨日の話の続きです。

土曜日の最終で帰って来てから、妙にオシッコが近いのです。夜中頻繁に起き、翌日の朝からは30分に一度のペースになりました。これはどうみても異常です。
布団の中で考えました。これは前立腺肥大の重症か前立腺癌かも知れない。癌だったらどうしよう。断食か。
昼から起き出して、丁度陶芸教室の日だったので、生徒に話しました。そしたら、それって膀胱炎ではないですかということになり、ほっとしました。というのも排尿の時にとても痛かったのです。
夜、ツボの本を見ながら、丁寧に指圧しました。そしたらてきめん!一気に間隔が2時間くらいになり、きょうなどは長い時で4時間にまで伸びました。痛みもやわらぎました。
昨日から3日間の断食を始めました。きのうはお粥を2回、きょうは水だけ、そしてあすはまたお粥、今の感じからするとそれで治りそうです。
生徒に抗生物質を飲めと言われましたが、私は化学物質を出来るだけ体に入れたくないのです。抗生物質は菌を殺して即効がありますが、体も痛めます。断食とか指圧は体の免疫力を高めます。私はそういうやり方で治したいのです。
今回は良い勉強になりました。
原因ははっきりしています。お酒の飲みすぎです。今月13日から19日まで高崎高島屋で個展があり、毎晩たっぷりとお酒を飲んでいましたからね。

さて、きょうの写真はきのうの続きで、オブジェ第2号です。
c0178008_231292.jpg

タイトルは「瀑布」です。
[PR]
by sueki-k | 2012-06-25 23:05 | 健康

とうとうダウン

みなさん、1ヶ月以上のご無沙汰になってしまいました。
お詫びに今日から暫くの間、連続ブログを書こうと思います。

とうとうダウンしました。
昨日東京へ行き、昼から「京都工芸繊維大学」の同窓会に出て、夜は赤坂の麦屋で11月8日から始まる「千ビャク堂アートヘスティバル」の相談がありました。(この件に関しては後日このブログに書きます。)その前の晩からちょっと調子が悪いなと思っていましたが、昼のビールがうまくない、食欲がない、トイレが近いなど具合がだんだん悪くなってきました。仕方ないので、3時に別れてから、待ち合わせの6時まで時間があったので、サウナに行って寝ました。1時間くらい寝たらどうも熱があるのですね。
6時から麦屋で飲み始めました。麦屋は私の器を使っている居酒屋で、20年来の付き合いです。
全然食欲がなく、仕方なく生ビールの小さいグラスを頼みました。頼んだ食べ物は殆ど手付かずでした。20年麦屋に通っていてこんなことは初めてです。
翌日は[日本工芸会東日本支部」の総会があったのですが、諦めてその日の最終の新幹線で帰ってきました。
そして本日、たいへんなことになりました。
長くなるので、続きは明日にします。

写真がないと寂しいので、私の新作など少しずつ載せます。
c0178008_23431667.jpg

これは先日高崎高島屋でやった個展の出品作です。
初めてオブジェを作りました。
c0178008_23454358.jpg

少しぼやけてしまいました。
これオブジェ第1号ですが、残念ながら割れてしまいました。で、金継をして出品しました。
タイトルは「うねり」です。(幅約1メートルと巨大です。)
[PR]
by sueki-k | 2012-06-24 23:51 | 健康

一日一食

最近、凝っていることがあります。
食事量を減らすことです。

今、ベストセラーになっている本で、南雲吉則著「空腹が人を健康にする」というのがあります。この著者は56歳ですが、どう見ても30代に見えます。彼は医者で、一日に一食でいいと提唱しています。空腹時に人間が活性化するということです。
もう一つ、甲田光雄という人の「奇跡が起こる半日断食」という本があります。
要は現代人は食べ過ぎで病気になっているから、食べる量を減らせば病気は治るというものです。
私は20代の時に断食道場に25日間入って、断食を経験しました。それ以来超健康になったので、上記の話は手に取るように分ります。
今日は朝起きて、ミカンを一つ食べました。お昼は納豆とワカメ。そして夕方は腹ペコで外出し、ラーメンを一杯食べました。一日一食半という感じでしょうか。
でも私の場合、オチがあります。夜10時を過ぎたころからお酒が解禁になるからです。
お酒は一食に数えるのでしょうか。結構カロリーがありますからね。とすると結局は私は二食半?
自慢になりませんね。

相変わらず、カメラの調子が悪く、写真はありません。
[PR]
by sueki-k | 2012-03-31 00:59 | 健康

電磁波の話

きょうは久しぶりに健康の話です。
私は20代から30代にかけて健康について色々勉強しました。その中に電磁波のことがありました。それは送電線の下の子供たちに白血病が多いというものでした。
一昨年、この家を建ててくれた建築会社の社長がなくなりました。その家は送電線の斜め下にあります。社長は癌でした。とてもお世話になった人でしたのでショックでした。そして、やはりねと思いました。今、また電磁波の本を読み始めています。
c0178008_2315280.jpg

この本の扉の文章を紹介しましょう。
「電磁波による影響には、白血病、脳腫瘍、乳癌、肺癌、アルツハイマー病が報告され、ノイローゼや自殺も関係があると言われています。にもかかわらず携帯電話、家電製品、IHクッキング・ヒーターからオール電化住宅など、電磁波発生源が、私たちの身の回りに溢れています。イギリスでは、16歳未満には携帯を使わせないようにしており、日本ほど電磁波が問題視されていない国はありません。悪影響が証明されてからでは遅すぎるのです。」
電磁波は距離の二乗に反比例します。10cmと1cmでは100倍の差があります。だから携帯は恐いのです。老人はIHを使ってもいいが、これから子供を産む女性は止めたほうがいいですね。だって、お腹のすぐ近くにIHがあるわけですから。また近いという点では床暖房や電気毛布はヤバイです。この本によると、WHOで「3~4ミリガウスで小児白血病が2倍に増加」としていて、床暖房の上はなんと170ミリガウスだそうです。こんなところに寝転がったら癌貯金をするようなものです。
何事も知ったうえでやるのはいいですが、知らないのは良くないと思うのです。皆さん、勉強しましょう。
[PR]
by sueki-k | 2012-03-01 23:22 | 健康