陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 52 )

餅つきをしました。

久しぶりのブログです。
今日、餅つきをしました。
これは毎年やっていますが、少しずつ人数が増えて、きょうは27人でした。
c0178008_21551741.jpg

私も少し慣れてきて、多少うまくつけるようになったと思います。上手いか下手かは、音で判るのですね。
今日の参加は多様で、3歳くらいのお嬢ちゃんから80歳くらいのおばあちゃんまで、年代も小学生、中学生、高校生、など若い人から50代、60代まで、賑やかでした。
c0178008_21595461.jpg

外人もいて、今藤岡市の中学で教えているジェームスも張り切ってつきました。

我が家の餅つきの最大の長所は薪を焚けるということです。
今は都会では火を燃やすことがご法度みたいですが。うちは山の中、いくらでも燃やせます。3つ炉を造ってもち米を蒸し、お湯を沸かし、汁を煮ました。薪はいくらでもあるし、リッチな時間でした。なかでも歯医者さんの息子さんが、火打石で火をつけたことでした。この男の子、家でそんなことをしたら叱られるのに、ここでは英雄でした。
来年もまた、是非やります。

皆様、よいお年をお迎えください。
[PR]
by sueki-k | 2015-12-27 22:09 | その他

松下照美報告会

きょうで「怒涛の毎日ブログ」が2ヶ月になりました。
やはり今後は「週一ブログ」に戻します。
というのも、なにかと忙しいのですよね。
もうひとつ、反応がほとんどないので独り相撲な感じなので、週に一回ボチボチと書きます。
きのうも書きましたが、ネットはバーチャルなので、皆さんほどほどにしましょう。

きょうは「松下照美の報告会」がありました。
実は先月「佐藤けい通信」というのを1400通郵送し、その中にこれの情報を入れました。で、来たのが2人。
でも来年「チョコラ」の上映会をしようと決まりました。来年、高碕のどこかで「チョコラ」の上映会をします。
c0178008_2321358.jpg

簡単にいうと松下照美さんというのは、ケニアでストリートチュルドレンを面倒見ている人です。年に一回日本に帰国して募金活動をしています。
去年、一昨年と我が家で「囲炉裏端講座」をしていただき、今回は高碕の「学びの森」で報告会をしていただきました。
「チョコラ」というのはケニアでの記録映画です。
さてどういう風にやるか、これからの課題です。

これから週に一回書きますので、皆さんそのつもりでお越しください。
[PR]
by sueki-k | 2014-05-08 23:25 | その他

五百羅漢を放ちました

本日、うちの森に五百羅漢を放ちました。
正式に言うと「笑う五百羅漢」です。五百羅漢と言ってもまだ数体しかありません。いずれ500個作りたいと思っています。
まずはこんな奴です。
c0178008_2215859.jpg

次に大きな岩の上に置きました。
c0178008_2225394.jpg

この岩は我が家の御神体といっても良いくらい大きな岩で、直径2m以上あります。そこに載せました。
c0178008_2251431.jpg

それ以外にもいろいろな岩の上に載せました。
c0178008_2261325.jpg

c0178008_2264445.jpg

c0178008_2272039.jpg

これらは皆10cmくらいで、笑っています。
今頃、森の中で騒いでいるでしょう。
いずれもっと作って「五百羅漢展」でもやりたいですね。
[PR]
by sueki-k | 2014-05-06 22:09 | その他

「松下照美・報告会」

きのう、コンサートのご案内を書きました。
ついでと言ってはなんですが、「松下照美・報告会」のことを書きます。
松下照美さんは今、ケニアでストリートチュルドレンを面倒みている稀有な人です。昨年、一昨年と佐藤烓の囲炉裏で報告会をしました。今年は「学びの森」で行います。今ケニアで、子供たちがどうなっているのか、松下さんにお話していただきます。是非ご参加ください。
講師;松下照美
日時;平成26年5月8日(木)午後2時~4時
場所;高崎学びの森(高崎市高関町443)
会費;無料。

きょうの写真も山野草です。
c0178008_23143460.jpg

これレンゲショウマの種からの芽出しです。種ってすごいですね。
c0178008_23172833.jpg

これはアカネスミレというスミレですが、葉っぱに毛が生えているので判ります。
c0178008_23183658.jpg

これは我が家の林の中に生えているギョウジャニンニクです。いずれ大きくして食したと思います。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-30 23:08 | その他

ホームページをオープン

以前、私のホームページがありましたが、中断していました。
このたび新たなホームページを開きました。
私の弟がパソコンのプロなので、彼に頼んで作ってもらいました。
ここ
をクリックすると出てきます。
内容はまだ薄いですが、徐々に充実させてゆきます。
楽しみにご覧ください。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-22 23:35 | その他

ステンドグラスの明かり

先日、ステンドグラスの器の話をしました。
きょうは、その元になる話です。

今、ほぼ毎年「榛名山麓工芸展」というのを開催しています。
詳しくはいずれ書きますが、今年は5月29日~6月3日まで、旧榛名町・新生会の「心泉の家」で行います。今、チラシのデザインを考えているところです。
そのメンバーの中に清水初江さんというパワーのある女性がいて、その人がステンドグラスをやっているのです。今年我が家の居間の明かりを作っていただきました。
これがそうです。
c0178008_1962619.jpg

丁寧にも電球が二つ付いています。
c0178008_1972368.jpg

これは食卓の上ですが、居間の真ん中にも以前購入した小さいのがつるしてあります。
c0178008_1972617.jpg

これらの廃棄物を貰って作ったのが、先日載せた時計とか下の食器とかです。
c0178008_198208.jpg


明かりで心配したのは、ステンドグラスというと思いっきり洋風なので、我が家に合うかどうかでした。ところがこれが合ったのですよね。ご覧のようにきらびやかでなく、シックで安心しました。
思うに、要はセンスなのでしょう。ステンドグラス自体が洋風なのでなく、教会などで使っているあのセンスが洋風なのだと気がつきました。
興味がある人は是非「榛名山麓工芸展」にお越しください。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-05 19:15 | その他

家屋倒壊!

いや~、びっくりしました。
我が家の家屋が倒壊していたのです。

2月14日から15日にかけて大雪が降ったのは、皆さんご存知でしょう。
きのう、我が家の一番端にある弟子小屋(といってもプレハブの勉強部屋ですが)が倒壊しているのに気づきました。というのも、大雪が降ったときはそこに近づけなかったのと、まさか倒壊しているなどと思いもよらなかったからです。
c0178008_22153473.jpg

弟子小屋は全部で3棟あり、一番手前のは無事でした。でも奥の2棟はほぼ全壊でしたね。
超びっくりです。
c0178008_2155143.jpg

これが真ん中のですが、屋根は真っ二つです。
c0178008_21593448.jpg

一番奥のは完全に倒壊です。
これ、どう片付けるのか、途方に暮れますが、今はとにかく穴窯の前なので、眼をつぶります。窯に火が入ったら何とかしなくてはね。

近くの農家のビニールハウスの大半がやられて気の毒だと思っていましたが、我が家も一人前に被害があった訳です。

という状況とは関係なく、春は確実に到来しています。
これ見てください。
c0178008_2221610.jpg

これはアズマイチゲといって早春に咲く、可愛い花です。別名「スプリングエフェメラル」=「春の妖精」と言います。これ、我が家の敷地に咲いているのですが、実は去年、近くの道端から助けたものです。というのも、道端だとあっという間に草刈されてしまうからです。我が家で増やしたいですね。
[PR]
by sueki-k | 2014-04-04 22:11 | その他

須田賢司宅へ訪問

怒涛の毎日ブログ、第7日目です。

先月13日、上毛新聞に私が全面に載りました。それは先月のこのブログに書きました。
これはネッツトヨタが、群馬で頑張っている人を応援するための記事でした。(「ぐんま技巡り」シリーズ)
私は3回目でした。

ところで、昨日、江戸指物師の須田賢司さんのお宅を訪ねました。「ぐんま技巡り」で登場していただきたいので紹介してほしいというネッツトヨタからの要請で、上毛新聞の人と3人で訪問しました。このシリーズは毎月第2木曜日に載るので、5月8日に掲載されます。
c0178008_12542869.jpg

これが須田さんの作品です。5年前の日本伝統工芸展の出品作です。これ、ちょうどあったので、詳しく中まで見せていただきました。これにはストーリーがあって、上の4つの星は南十字星だそうです。

それにしても、実に面白かったです。
最初にびっくりしたのは、彼が作ったテーブルです。「八ツ橋」という銘で、その由来を聞きました。
また仕事場ののこぎりやカンナの道具も魅力的でした。
さらに、砥石の話が面白かったですね。
「沼田砥」という砥石は江戸時代に全国に知れ渡っていましたが、それが実は南牧村産だったということで、何故そうなったかという話など聴きました。

須田さんは今回の東日本伝統工芸展でも審査員をしています。まだ50代なのに、もうすでに紫綬褒章も授与されていています。
5月8日、ご期待ください。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-14 20:47 | その他

《高崎学びの森》オープン

今年1月に《高崎学びの森》がオープンしました。
これは一種のカルチャーセンターです。私が事務局長をしています。
ホームページは http://manabinomori.org/
です。

事の経緯はこうです。
高崎市高関町に「動物愛護協会」があり、そこの代表が私のお客様でした。昨年11月にその人から電話があり、動物愛護協会の半分(20坪ほど)が空いたので、なにかに使えないかということでした。そこでまず考えたのが私の陶芸教室でした。
実は4年前に、ここ倉渕の山の中で「工房開放」という名前で陶芸教室を始めました。名前のごとく、工房を開放するから自由に陶芸をやってくださいという、大雑把な陶芸教室でした。月2回で、時間は朝10時から時間制限なし。また月謝もなく、来た時だけ2000円頂くというものでした。皆さん、お弁当を持って、一日陶芸三昧を楽しんでいます。今では会員が25名くらいになりました。
これはこれでいいのですが、なにしろ高崎の街中から1時間かかります。
そこでこの度街中に陶芸教室を開くことにしたのでした。

といっても私がやれるのは1日だけ。あとの日が空いているので知り合いに声を掛けて、いろいろな講座を始めた訳です。

まずは弟にパソコンのプログラミング教室をやってもらうことにしました。弟はこれまでずっとプログラミングで食べてきたプロです。
また友人に元高校の先生がいて、彼は英語と数学を教えられます。それが「英数ゼミ」
知り合いの女性にヨーガの先生がいたので、その人が「ヨーガ教室を。
また、女房のお父さんが囲碁が好きなので、「囲碁道場」を。
c0178008_16414718.jpg

そんな訳で私は週に一度高崎に通っています。
来週はこの新陶芸教室の詳細をお知らせします。
特に「なぜ今陶芸教室なのか」をお話します。
まだワクが空いています。教室を開きたい方は直接お越しください。
住所は、高崎市高関町443 です。
私は火曜日の午後1時半から水曜日のお昼まで教室を開いています。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-01 16:42 | その他

超・大雪

このブログは週に一度書こうと思っています。

ところで、一週間というのはいつ始まるのでしょうか。
日本語では、月、火、水と数えます。ところが、英語では、sunday,monday,ですよね。つまり、日本人はまず働いてから休む、英国人はまず休んでから働くということでしょうか。
私は日本人なので、月~日を一週間として書きます。つまり週の初めにこのブログを見ると、前の週のは必ず見られるということになります。

先週は超・大雪でした。3日間孤立状態でした。新聞などに孤立の村などが載っていましたが、まさにあれでした。
見てください。
c0178008_2136207.jpg

降ったのは1mくらいでしたが、屋根から落ちてきて2mくらいになっています。

c0178008_2112527.jpg

これなどは怪獣の口の中みたいですね。

さて来週は「学びの森」オープンについて書きます。
[PR]
by sueki-k | 2014-02-22 21:23 | その他