陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

蕎麦の会

本日「蕎麦の会」をしました。
といっても、これは決まった会ではなく、たまたまうちの陶芸教室の生徒が蕎麦うちができるので、それでは季節の良い5月に蕎麦を食べる会をしようということになったのです。ついでに講評会もしました。生徒が自分の作品を持ってきて私が講評したのでした。
天気が良く、最高の日でした。
c0178008_2385811.jpg

お蕎麦は生徒と、その知り合い2人でうってくれました。
c0178008_2394953.jpg

この人は伊勢崎の方で、蕎麦の愛好会の副会長だそうです。
c0178008_23103634.jpg

我が家の水は湧き水なので冷たくてそれが良いそうです。暖かい水は氷で冷やしたりするそうです。

ところで、伊勢崎の蕎麦愛好会は会員が30名ほどいて、すべて男性なのだそうです。
蕎麦うちは男性に人気がありますね。

うっているところを見させていただきました。
これ、結構重労働です。私は土練りで慣れていますが、毎日だと自身がありませんね。
よく定年退職後に趣味と実益を兼ねて蕎麦屋を開くというのがありますが、難しいと感じました。体力的に無理そうです。でも一日10食限定とかなら出来るかもしれません。
私の知り合いが蕎麦屋をやっていましたが、腕を痛めて店をたたみました。彼はまだ30代でした。
こうしてみると焼き物の方は可能性があると思います。
焼き物は自分のペースでやれるのと仕事の種類が多いので、身体全体を使うので無理がありません。

ちょっと宣伝です。
今週の金曜日の上毛新聞の付録の新聞「たかたい」に私の記事が載ります。
載ったらここで紹介しますね。
その中で、定年後にうまくすれば陶芸でお金を稼げる話をしました。
上毛新聞をとっている方は是非ご覧ください。
[PR]
by sueki-k | 2014-05-18 23:02 | 料理