陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

お茶を再開しました。

本日、久しぶりにお茶のお手前をしました。
15年ぶりくらいにお茶を再開することにしました。
きっかけは、先月お客様に誘われて「お茶事」に行ったことでした。お茶事というのは正式なお茶会のことです。茶道というと抹茶を飲む、くらいにしか普通は思われていませんが、実はお酒も出るのですよ。
正式なお茶会というのは、炉に炭を入れたり、料理が出てきたり、お酒を飲んだりします。そして最後に濃茶が出て、薄茶で締めます。この薄茶がいわゆる「茶道」として知られていますが、これはほんの一部でしかありません。
茶道を習うといっても、この茶事はなかなかしてくれません。先月行った先生のところでは頻繁にお茶事をしているそうです。それで再開しようと思ったわけです。

私の焼き物へのきっかけは茶道でした。北海道大学に入学した時に茶道部に入ったのです。そして、在学中にお茶碗を作ったのが、陶芸人生の始まりでした。

あすは、私が生まれて初めて作った抹茶碗をご覧いただきます。
お楽しみに。

c0178008_2241057.jpg

今、レンゲショウマが芽を出しています。
c0178008_22414742.jpg

これはエイザンスミレです。葉っぱが独特なので、すぐ判ります。
[PR]
by sueki-k | 2014-05-01 22:35 | 茶道