陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

須田賢司宅へ訪問

怒涛の毎日ブログ、第7日目です。

先月13日、上毛新聞に私が全面に載りました。それは先月のこのブログに書きました。
これはネッツトヨタが、群馬で頑張っている人を応援するための記事でした。(「ぐんま技巡り」シリーズ)
私は3回目でした。

ところで、昨日、江戸指物師の須田賢司さんのお宅を訪ねました。「ぐんま技巡り」で登場していただきたいので紹介してほしいというネッツトヨタからの要請で、上毛新聞の人と3人で訪問しました。このシリーズは毎月第2木曜日に載るので、5月8日に掲載されます。
c0178008_12542869.jpg

これが須田さんの作品です。5年前の日本伝統工芸展の出品作です。これ、ちょうどあったので、詳しく中まで見せていただきました。これにはストーリーがあって、上の4つの星は南十字星だそうです。

それにしても、実に面白かったです。
最初にびっくりしたのは、彼が作ったテーブルです。「八ツ橋」という銘で、その由来を聞きました。
また仕事場ののこぎりやカンナの道具も魅力的でした。
さらに、砥石の話が面白かったですね。
「沼田砥」という砥石は江戸時代に全国に知れ渡っていましたが、それが実は南牧村産だったということで、何故そうなったかという話など聴きました。

須田さんは今回の東日本伝統工芸展でも審査員をしています。まだ50代なのに、もうすでに紫綬褒章も授与されていています。
5月8日、ご期待ください。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-14 20:47 | その他