陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

佐藤火圭新《陶芸教室》オープン!!

今年1月、高崎の街中で私の陶芸教室をオープンさせました。
4年ほど前に、ここ倉渕の山中で「工房開放」という名前で陶芸教室をやっていますが、なにしろ1km四方人家なしという山中です。高崎からは約1時間かかります。
そこで、高崎の街中で教室を開くことにしたのです。
広告も出しましたので、もうすでに15人くらいになりました。3コマありますので1コマ8人として定員は24人でしょうか。1年後にはいっぱいになりそうです。ロクロ専修コースやプロコースもあります。勿論初心者歓迎です。
c0178008_214953.jpg

私は21歳の頃焼き物と出会い、この世界に飛び込みました。その時に思ったのはこうです。「観るよりやるほうが面白い。」つまり、絵を観るより描くほうが面白い、音楽を聴くよりも演奏するほうが面白いだろう、映画だって観るよりも作っている人たちのほうが楽しんでいるに決まっている。
20世紀は「観る世紀」だろうが、21世紀は「やる」時代になるだろうと、40年前に考えていました。最近の世情を見ると、そういう風になってきています。マラソンの参加は増える一方ですし、いろいろな教室も盛んです。おやじバンドもありますし、AKB48が成功したのは、「参加型」だからです。
そういう意味で私が陶芸教室を始めたのは必然といっても良い。
ただ、私は先生しかできない存在にはなりたくありませんでした。陶芸家として一流で、なおかつ先生もするという形にしたかったのです。そしていよいよそういう時が来た感じです。
どうせやるなら、本格的な教室にしたいと思います。
今は公民館でもやっていますが、これは入り口としては良いでしょうが、ちゃんとやりたい方は是非、私の教室の門をたたいてください。
[PR]
by sueki-k | 2014-03-08 21:25 | 陶芸教室