陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

教室展

先日、初の「佐藤けい陶芸教室展」を開催しました。
3年前に「仕事場開放」という名前で陶芸教室を始めました。私の仕事場は山の中にあり、回りに人家はありません。「1キロ四方人家なし」というのが我が家のキャッチコピーです。
当初、こんな所には人が来ないだろうと思っていましたが、少しずつ増え、今は会員数が25名位になりました。丁度3年経ったので、そろそろと思い初の教室展を開くことになったのです。
c0178008_0184656.jpg

会場は高崎のシティーギャラリーで、こんな所です。
私とめぐみは賛助出品をしました。手前の象がめぐみで、奥の紅葉が活けてある壷が私のです。
c0178008_0213459.jpg

皆さん、力作が多いです。
c0178008_0223318.jpg

これも力作です。大壷は前の灰被りのところに、斜めにして窯詰めしました。
c0178008_0235162.jpg

この人は10年選手で、実力派です。
c0178008_0251642.jpg

ここには二人の作品が映っていますが、二人とも個性派です。
c0178008_0261375.jpg

でもこんな可愛いのもあります。こちらはまだ数ヶ月の初心者なので、大物は無理です。

出品者は20名で、全員の作品を紹介できないのが残念です。

第一回にしては、力作揃いで、立派な展示会でした。普通、教室展というのは小物がズラリと並びます。我が教室展がこれほど力作揃いなのは、ひとつには熱心な人達が多いということだと思います。なにしろ、1時間くらいかけて来るのですからね。もう一つ、我が家には大きな穴窯があり、大作を入れても全然平気だからです。普通の陶芸教室の場合、電気窯が多く、大作は入れにくいのです。
さて、第二回はいつにしましょうか。
[PR]
by sueki-k | 2012-11-05 00:38 | その他