陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

カンタンの話

今日のはカンタンな話でなく、カンタンの話です。
皆さん、「カンタン」という虫をご存知でしょうか。字は邯鄲。
能にも長唄にも邯鄲はありますが、今日は邯鄲という虫の話です。
この虫はこおろぎの一種で、綺麗な声で鳴くので有名です。昨日の晩、NHKラジオで邯鄲の声を流していました。「鳴く虫の女王」と呼ばれています。
江戸時代は、鈴虫とこの邯鄲がもてはやされたといいます。
実は、私はこの「カンタン」という虫がいるということは知っていましたが、その声は知りませんでした。2,3週間前に我が家に夜来客があり、今度「カンタンを聴く会」があるから来ませんかと誘われました。正式には「矢島稔と高山村でカンタンを聴く」です。そうです、あの有名な矢島稔先生です。NHKの「子供科学相談室」で答えている「ぐんま昆虫の森園長」さんです。私は即答で出席を願いました。
で、お客さんが帰るとき「あれ、ここで鳴いているではないですか」と言われました。
我が家にもいたのです。知らないということは恐ろしいことです。毎日聞いていましたが、知らなかったので聴き逃していたのです。
まだ実物は見ていません。もしかしたら見ていて、気づかないのかも知れません。その内是非見たいと思っています。
鳴き声を紹介できないのが残念ですが、ルルルルとずっと途切れることなく鳴きます。
最近は気に入って、仕事が終わるとお酒を一杯やりながら聴いて寝ることにしています。
[PR]
by sueki-k | 2012-09-13 00:00 | その他