陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

チャリティー作陶展のお知らせ

5月25日から5日間高崎高島屋でチャリティーの作陶展をやることにしました。
ご案内は以下の通りです。

「東日本大震災チャリティー佐藤烓作陶展」のお知らせ
《通常の半額で販売し、売り上げの全額を寄付します!》
此ノ度の東日本大震災は目を覆いたくなるような大惨事です。
私は20年程前、岩手県遠野市に6年間住んでいました。釜石、大船渡、陸前高田には知りあいも多く、よく遊びに行きました。あの人達はいったいどうなったでしょうか。また、いわき市とも縁が深く、個展をしたり、レンガを仕入れたり、3月にはいわき市の老人施設の人達8人を受け入れお世話もしました。居ても立ってもいられない気持ちも、4月の穴窯の窯焚き、そして連休の窯出し展のため眼をつぶるしかありませんでした。その間、私になにか出来ないものだろうかと考えてきました。寄付や節電もしますが、私にしか出来ないことーーーそれは私の作品です。この作品をお金に換えて寄付しようと思い立ちました。焼物を被災地に送ってもたいして喜ばれないでしょうが、これをお金に換えることは出来る。
 震災後、私の友人の陶芸家(益子在住)に電話をしたところ、いくつかあった窯は全部壊れ、作品もたくさん割れたそうです。幸い私の窯は無事でしたし、作品も湯呑みが20個割れた程度です。あの被災地に比べれば被害はゼロといっていい。ならば私の作品も地震で割れたと思って寄付すれば良いと考えました。
 売り上げの全額を寄付したいと思ったので高崎高島屋さんに相談したところ、快く場所を無料で提供してくれることになりました。
 よって、売り上げの全額を被災地に寄付しようと思います。
 お客様に喜んでいただくために通常の私の価格の半額にします。
是非たくさんの人にきていただき、1円でも多く寄付したいと願います。皆様、よろしくご協力ください。
概要は以下の通りです。

名称;東日本大震災チャリティー佐藤烓作陶展
内容;売り上げの全額をいわき市に寄付
期間;2011年5月25日(水)~5月29日(日)
場所;高崎高島屋5階食器売り場
お金の流れ;いったん高島屋さんに入金し、その後佐藤烓に高島屋から振込み、佐藤烓が直接いわき市に持ってゆく。後ほど高島屋にその受取書を公開する。

100万円を目標にしています。これは、お金持ちがポンと寄付するのと意味が違います。みんなが動いて、ガソリン使って高島屋まで来て、食事をしたりして経済が活性することに意味があると思っています。皆さん、是非お越しください。
[PR]
by sueki-k | 2011-05-21 01:27 | その他