陶芸家の森の日々                      ~佐藤火圭(けい)ワールドへようこそ!

suekinokei.exblog.jp
ブログトップ

レンガの話(byけい)

本日より窯焚きが始まりました。20日から昨日まで3日間窯詰めで、昨晩の夜中の12時に火入れ式を行いました。きょうから6日間の窯焚きです。
写真の窯にシミのような跡がありますが、あれは泥を塗った跡です。先月一部窯を修理し、そのままになっていたのを本日泥を塗りました。
窯はレンガを積んで造ります。その上に隙間を埋めるために泥を塗ります。
c0178008_20393514.jpg

レンガのサイズは6.5×11.5×23.0cmです。窯の厚さはこの一番長い23,0cmです。
ところで何故この寸法なのでしょうか。
これはいい加減な長さではありません。ちゃんとした必然があるのです。
窯の厚さを考えてみましょう。もし、うんと薄いと、たとえば1cmくらいだと、放熱で熱が失われます。紙のように薄ければ熱はどんどん失われますよね。これは熱効率が悪い。では厚ければ良いのか。たとえば1mとか10mとかうんと厚いと今度は、放熱はないけど窯を暖めるのに熱が奪われます。これも熱効率が悪い。つまり窯の熱効率は、放熱と窯に取られる熱の二つの要素からなっていて、窯の厚さに対して逆の構造になっています。1cmでは薄すぎる、1mでは厚すぎる、ではその間に丁度良い厚さがある筈です。それが23cmなのです。昔がら試行錯誤を繰り返してこの厚さになったのでしょうね。
今、科学が発達して、もっと優秀なレンガが発明されています。イソライトというレンガで、中に気泡があって、発泡スチロールのようなレンガです。そのレンガですと、もっと薄くても大丈夫なようです。ただその場合熱しやすく冷めやすい窯になります。焼物は「焼きもの」なので、焼きは重要です。私はじっくり時間をかけて焼いたものが良いと思っているので、現代のレンガで作った窯よりも昔のレンガで作った窯のほうが時間はかかるが良いものが焼けると思っています。うちの穴窯は勿論、昔のレンガで造ったものです。
さあ、きょうから6日間気合を入れて頑張らねば・・・
[PR]
by sueki-k | 2009-09-23 21:05 | 窯焚き&窯の話